各種健診

婦人科健診

婦人科の病気は、症状がなく自分で気づかない場合も多くあります。
その中でも乳がん、子宮頚がんは近年、増加傾向にあります。早期発見、早期治療のために健診を受けましょう。
当センターでは女性専用フロアーにて女性スタッフが検査をいたします。

子宮頚がん検診

子宮頚がんの発症が、20歳代の若い人に増加傾向がみられます。20歳になったら、子宮頚がん検診をお勧めします。

細胞診(スメア法)

細胞診は、子宮口の細胞を医師がヘラで採取します。それを顕微鏡で観察し、異常な細胞が混じっていないか検査します。

HPV法(ハイリスク 16・18検出法)

子宮口の細胞を医師が専用のキットで採取します。採取した細胞で「がんに移行しやすいウイルスに感染していないか」を調べる検査です。HPV検査と細胞診を併用する事でがんになりそうな状態の発見率が大きく向上することが分かっています。

乳がん検診

日本では、乳がんにかかる女性が年々増加しており、女性のがんのなかで最も多いがんの一つとなりました。
定期的に乳がん検診を受けることをおすすめします。

マンモグラフィ

乳腺専用のX線撮影で触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細な乳がんの発見に威力を発揮する検査法で、乳がんの早期発見に欠かすことが出来ないものです。
30歳未満の方は、乳腺が発達しておりマンモグラフィでは乳腺の異常がわかりにくいことがあるため、当センターではマンモグラフィをご受診いただけません。乳腺エコーの受診をおすすめしております。

乳腺エコー(乳腺超音波)

乳房に超音波をあて、組織からの反射をとらえて画像にして病巣を診断します。マンモグラフィに比べ小さなしこりや石灰化の診断が困難ですが、しこり内部構造の鑑別がしやすく、乳腺の密な若い人(高濃度乳房)の診断にも使う事ができます。