各種健診

人間ドック

人間ドックの目的

人間ドックの目的は、自分では健康だと思っていても、気づかない病気や臓器の異常をチェックし、病気の早期発見・治療に繋げることです。
30代後半から40代を境に、生活習慣病やがんのリスクは高まります。本人の気づかないうちに病気が進行してしまい、手遅れになってしまう事もあります。時代の変化や職場及び家庭環境の変化によるストレスから、生活リズムが乱れていることも考えられます。
人間ドックをきっかけに生活習慣を改善するなど、病気の予防を心がけ、年1回は人間ドックを受けることをおすすめします。

コース一覧